ごあいさつ

石川県高等学校野球連盟会長

小松勧進帳カップ実行委員会 副会長

   村戸 徹

 このコロナ禍、日本全体が重苦しい雰囲気に包まれておりますが、第5回、小松勧進帳高校野球交流試合が、小松商工会議所をはじめ、多くの関係者のご尽力により開催されますことを、ともに慶びたいと思います。

小松市内の高校野球は、こういった日頃からの地域の方々の後押しにより、今年の春の北信越高校野球石川県大会で、小松大谷高校が優勝、小松商業高校がベスト8に入るなど、県の高校野球を牽引する存在となっております。

そういった中、今年度は、群馬県の高崎健康福祉大学高崎高等学校を招待し、小松市内6校との交流試合を通じて、秋の北信越高校野球大会に向けた各チームの一層のレベルアップはもとより、高校野球の魅力を多くの方に知っていただき、小・中学生の野球人口のなお一層の拡大に寄与されるものと期待しております。

最後に、感染症対策、熱中症対策をしっかり講じた上での運営となります。本大会実行委員会及び主管の小松商工会議所青年部の皆様に心より感謝申し上げ、ご挨拶といたします。

小松商工会議所 会頭

小松勧進帳カップ実行委員会 会長 

   西 正次

 いまだ新型コロナウイルスの感染拡大に収束の見通しが立たない中、今年で第5回目を迎える本交流試合は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策、熱中症対策をしっかりと講じながら、群馬県の高崎健康福祉大学高崎高等学校を招待し開催いたします。

 教育の一環として実施され続けている高校野球は、友情,連帯,フェアプレーの精神を理念とし、平和で民主的な、まさに地域を支える人材の育成を目的としており、小松商工会議所の求める地域人材の育成と通じています。

 この小松市に根ざしている「高校野球」について、「する」「観る」「支える(育てる)」ことで、野球の普及振興、人材の育成はもちろんのこと、交流人口の増加や地域産業の活性化に繋がるもので、本地域の地方創生の実現に向けて極めて有意義なものと期待しています。

 参加される選手の皆様には、日頃の努力の成果を十分に発揮され、新型コロナウイルス感染症に打ち克ち、元気あふれるはつらつとしたプレーで、思い出に残る交流試合になることを期待しております。

 結びに、本試合の開催にあたり、格別のご理解をいただいた高崎健康福祉大学高崎高等学校をはじめ、多くの関係者のご理解とご支援に深く感謝申し上げるとともに、選手の皆様のご健闘を心からご祈念申し上げ、ご挨拶といたします。