OBからの応援メッセージ

高知商業野球部OB 小笠原 安成さん

対戦当時3年生捕手(1987年3月卒)

   

 この度は、第3回小松勧進帳高校野球交流試合に高知商業高校をお招きいただき、野球部OBを代表し御礼申し上げます私の野球歴の中でも思い出深い甲子園の戦いの一つが、小松高校との対戦でした。86年夏の初戦に、1番捕手として出場し、当時のエースだった元雄投手の重い直球と変化球のキレの良さに太刀打ちできず、終盤までゼロ行進を続け、8回に2点を取り合い、延長戦の末にやっと勝つことができました。当時の高知商業は甲子園の常連でもあり、特に初戦はどうしても突破しないといけない大事な試合。気合も入れて臨みましたが、当時初出場の小松高校の投手を中心とした守備力の高さに驚かされ、焦ってしまったことを記憶しています。その後、明治神宮大会決勝(大学)で立教大学のエースとなった元雄投手と再戦することになったのも何かの縁でした。

 今回の交流試合によって、本大会の主旨である「和の精神」を実践していただき、小松地区での各校の皆さんと我が母校のレベルアップに繋がればと思いますし、近い将来、甲子園での対戦を楽しみに待っております。皆様のご健闘を心より祈念申し上げます。

小松高校野球部OB  南 寿樹さん

対戦当時3年生遊撃手(1987年3月卒)


 この度、第3回小松勧進帳高校野球交流試合で高知商業を迎えるにあたり、86年の夏の甲子園大会での高知商業との忘れられない対戦の記憶が甦ります。

高知商業の岡林投手の伸びのある速球、鋭いスイングの各打者の様子は甲子園練習前に偶然見る機会に恵まれ、初戦での対戦が決まってからは、イメージを膨らませながら練習に励んでいました。しかし、実際に多くのチャンスは望めそうもなく、ロースコアのゲーム展開に持ち込むことが鍵だと感じていました。

試合は走者を許しながらも粘り強く要所を守り、8回に先制されたものの、その裏に追いつき延長にもつれ込む接戦となりました。隙を逃さぬ高知商業はさすがに甲子園の常連校だけあり、最後には押し切られました。しかしながら、私は悔しさ以上に、石田監督率いる小松高校の野球が全国レベルで十分に通用したことがただただ嬉しく、周囲のみならず、私たちを完全燃焼させてくれた高知商業にも感謝の念を抱いたことを覚えています。

 そうした御縁が33年の時を経て、交流試合として実現することは誠に感慨深いことです。この機会が各校の皆さんの心と技術のレベルアップ、そして、甲子園出場への更なる熱い思いに繋がればと思います。本交流試合での皆様の御健闘を心より御祈念申し上げます。